>  > WEBデザイナーの面接はオリジナリティが大切です

WEBデザイナーの面接はオリジナリティが大切です

WEBデザイナーは、WEB業界で働きたいと希望している人に特に人気の高い職種の一つです。その求人情報を見てみると、WEB業界・デザイナーとしての経験を問わず、未経験でも可能なものも多く、比較的窓口は広い業界だと言えます。常に新しい人材を求めており、WEBデザイナーとして活躍したいと考えている人に、意外とチャンスは多いので、経歴がないからと諦めることはありません。もちろん、WEBデザイナーには知っておくべき知識や身に付けておきたい技術もたくさんあります。ですが、それ以前に、人柄や仕事の取り組み方・考え方など、その人自身の人間性がその会社に相応しいかどうかが問題でしょう。採用試験では、面接にて、その点が判断されます。見た目や立ち居振る舞い・言葉使いが社会人として恥ずかしくないものであることは最低限必要です。服装は、スーツまたはそれに準ずるものが基本です。時には私服でも良しとされる場合もありますが、ジーパンやトレーナーなどは避け、会社に訪問するのに適したものを選びましょう。面接での定番とされる志望動機や長所・短所などに対する答えはあらかじめ考えておくのはよいでしょう。その際、注意しておきたいのは、面接対策にマニュアルを熟読し模範解答を暗記するといった方法は避けてください。面接官は様々な求職者の言葉を聞いてきています。どこかで聞いたような言葉やお手本のような答えはすぐに分かってしまいます。面接は様々な対策や勉強をしたとしても、最後には自分なりのやり方を見つけることが大切です。正解は人それぞれ違うものだと考えましょう。ましてや、WEBデザイナーという職種を希望しているからには、ありきたりでつまらない答えしか出来ないと思われてしまうと損です。オリジナリティやセンスを感じさせる受け答えをすることで、この人にしか出来ない仕事・デザインをしてくれるのではないかと期待してもらえるようにしましょう。自分なりの言葉で話すことで、その会社に入りたい・WEBデザイナーとして会社に貢献したいとの思いも伝わりやすくなるはずです。面接は採用する側にとっても採用される側にとっても、共に仕事をし会社を盛り上げていきたいと思えるかどうかをお互いが見極める機会ともなります。面接の基本は押さえた上で、自分を知ってもらう・分かってもらう為に工夫をしましょう。WEBデザイナーとしての素質と同時に、どんな人物なのかオリジナルの方法でアピールすることが大事です。



[ 2016-04-06 ]

カテゴリ: リクルートノウハウ紹介